《CHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍さん》ファンクラブの会報誌・陶芸教室Futaba

CHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍さんがFutabaでファンクラブの会報誌の撮影を行いました!

Futabaで電動ろくろの取材撮影しているCHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍さん

ミュージシャンや俳優で活躍中の堂珍さんの陶芸体験の様子をご紹介します。

CHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍さんがFutabaでファンクラブの会報誌の紙面

まずは何を作るか相談します。練るところから始めるのは初めてとのことで、なかなか苦戦しているようです。釉薬の色決めも、「こういう色はご飯っていうよりおかず向けだしな〜」とつぶやいています・・・

CHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍さんがFutabaでファンクラブの会報誌の撮影

練った土でいよいよ電動ろくろ。土ゴロシのコツも掴むのが早く、土台がしっかりしてきました。立派なお茶碗ができそうです。

陶芸教室Futabaで電動ろくろをするCHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍さん

次に、裏側の高台削りの工程へ移ります。少し乾燥させて削り頃になってから行うとうまくいきます。

裏側の高台削りをするCHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍さん

最後に、堂珍さんのサインをお茶碗の裏に刻んで完成!堂珍さんのファンクラブのサインかな?

陶芸教室Futabaでお茶碗を作るCHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍さん

完成品No.1「乱れも人間味」
完成品No.2「心の乱れは茶碗に出ますよね」
素晴らしい仕上がりで流石でした!!

CHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍さんと陶芸教室Futabaの講師

皆さんもぜひ、Futabaの陶芸体験で楽しんでくださいね!

《おすすめの陶芸体験教室》
CHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍さんがFutabaでファンクラブの会報誌の撮影した楽しい一日体験教室「選べる!陶芸体験」はこちらから

選べる!陶芸体験

PAGE TOP