陶芸体験教室の様子

1日陶芸体験の流れ

「陶芸」と聞くと、ちょっと難しそう、とか、子供の粘土遊びと思うかもしれませんが、実は土に触れることによって癒し効果が得られます。このページでは、東京で気軽に楽しめる本格的な1日陶芸体験の様子をご紹介します。

1、受付で手続き後、作る作品の構想を練ります

受付では、料金の支払い後、どんな作品を作るか、釉薬の色はどうするかなどの構想を練ります。イメージがかたまっていない人でも、担当講師が相談に乗ってくれるので安心です。出来上がった作品を送る場合は、配送先をここで記入します。

作るものが決まったら、さっそくプロの講師によるデモンストレーションが行われます。Futabaは、オーナーを含むスタッフの多くが東京芸大出身の若手の陶芸家。そのほかのスタッフも、みな専門に陶芸を学んだ人ばかり。気軽に体験ができるわりに実は本格的な技術が学べるのもほかの教室にはない特徴です。だからといって緊張する必要はありません。みな明るくてフレンドリーなスタッフばかりです。

レクチャーは、制作工程を5段階くらいに分けてあるので、一度に覚えられなくても大丈夫。重要箇所やむずかしい部分は、その都度、講師に丁寧に教えてもらえます。

2、さあ、実際に粘土を触ってみましょう

きりのいいところまで講師のデモンストレーションを見たら、さっそく粘土に触ってみましょう。Futabaでは、初心者でも成型しやすく、質の良い本場益子焼きの粘土を使います。今回は湯のみ作りに挑戦。まず粘土を伸ばして底の部分を作ります。

次に、ひも状に伸ばした粘土を積み重ねて側面を作っていきます。だんだん形になっていくとワクワクしてきますね。

3、次は高台を作ります

高台とは、お茶碗やお皿などの底についている輪っか型の台のことです。器を安定させるために、なくてはならないものです。湯のみをひっくり返し、外側の角を削っていきます。

次に内側も削り取って高台を完成させます。削り過ぎると底に穴があいてしまうので注意しましょう!

慎重に作業を進めます。出来上がったら底にサインやマークを入れてようやく完成。右の女性のように、湯のみの円周を花びらのように波打たせることもできます。

4、形ができたら、最後は表面の釉薬決め

形が出来上がったら、最後に釉薬の色を決めます。Futabaでは7色から選ぶことができます。形を作るのも楽しいですが、どんな風になるのか想像しながら釉薬選びをするときもワクワクしますね。

5、見事、完成しました

素晴らしい陶器が完成しました。底のサインを見せてハイ、ポーズ。後日の焼き上がりが楽しみです。この後、教室スタッフが乾燥、素焼き、釉がけ、本焼き、窯出し作業をします。出来上がりまで約1か月半くらい。別料金で桐箱に入れることもできるので、結婚式の引き出物にしたり、父の日、母の日のプレゼントにしたりすることもできます。作品は取りに行くことも、配送での発送もできます。
本格的に体験したいなら、電動ろくろコースもオススメです

陶芸といえば、やっぱり電動ろくろでしょ!という人には、電動ろくろコースもあります。なんと先生貸し切り、ひとり占めできるマンツーマンだから、怖いものなしです。

さっそくプランを選んで予約してみましょう!

プロジェクト一覧

  1. 一人でゆったり作陶満喫プラン
  2. 一番の人気はみんなで手びねり体験教室
  3. カップルのデートコースに人気
  4. 東京都内のカップルのデートはここがスポット
  5. 子供も簡単の親子で陶芸体験
  6. 粘土遊びが得意な子供たちのプラン
  7. ビールやお酒が好きな方向けの手作り教室
  8. あの電気で回り作る電動ろくろのお試し
  9. 初めての初心者はこの初級クラスで
PAGE TOP